読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を具体的に描くことはやっぱり大切~本田圭佑選手の小学校の文集~

「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちら、ネットでも話題になっているようですけれど、隣の市の小学校の授業でコピーが配られ、それをいただきました。

夢、ビジョンを描いて潜在意識に落とし込むことは大事だとは聞いていましたが、やはりここまで具体的に描くことが必要なんですね。

 

「なりたいというよりなる」

「プーマと契約」

 

など。

私も具体的ビジョンを描くよう心がけたいと思います☆