読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を具体的に描くことはやっぱり大切~石川遼選手の小学校の文集~

『将来の自分』 

石川遼

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。 三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。 四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。 六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。 八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。 これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。 みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。 来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。その試合で世界から注目される選手になりたいです。 ぼくは勝てない試合には今は出ません。 ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり具体的ですよね。

皆が一生けんめい努力をしているなら、ぼくはその二倍、みんなの倍の練習が必要

って、中学生が言えることがすごいなあと。

 

私も頑張ります。