読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市教育委員会いじめ隠蔽教師に処罰を規定

大阪市教育員会は、25日の教育委員会議で、いじめが深刻なケースでは加害児童・生徒を出席停止とし、校外の「個別指導教室」で指導すると定めたいじめ対応の基本方針を策定しましたた。被害者側の意向によっては、加害児童・生徒に転校を打診することも盛り込んだ加害者側に厳しい姿勢を打ち出した方針となっています。

また、注目すべきことは、いじめ情報を故意に隠蔽(いんぺい)した教職員を懲戒処分の対象にすると定めたことです。いじめの兆候に気づいた教職員に積極的な報告を求めることで、学校や市教委、保護者間で早期に情報を共有し、迅速な対応につなげる狙いがあるということです。

私は、「いじめ隠蔽・放置に対する処罰」をずっとずっと訴えてまいりました。

なぜなら、いじめ相談の現場では、「いじめに対する無関心」さが事態を深刻化し、子供一人一人の心を確実に壊していくことを目の当たりにしていたからです。

大阪市教育員会の決断は素晴らしいことだと思います。

 

mainichi.jp