読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベンジポルノ

リベンジポルノとは、恋人や配偶者との関係が終わってしまった人が、嫌がらせで、相手の裸の画像やわいせつな画像、わいせつな動画などをネットに流出させることです。

アメリカのカリフォルニア州では、罰金刑の対象になっています。

東京三鷹市の女子高校生殺人事件で、容疑者によって被害者のポルノ画像が出回ったことを受けて、日本でも「リベンジポルノ」という言葉が広まりました。

ケータイやスマホでの撮影が主流になり、カメラで撮影したフィルムを現像に出すのと違って、人には見せられないような写真でも気軽に撮影する人が増えています。

アメリカでは、2000頃から、少女たちの間で自分の下着姿の画像を携帯メールに添付して、恋人にプレゼントをするのが流行りだしました。日本でも、LINEやメールで恋人に自分の裸の画像や、下着姿を送るなどの行為も広まってきています。

無許可で撮影した他人の写真を投稿するのは、プライバシー侵害として禁止する法律は、各国で存在します。しかし、同意の上で撮影された写真の場合は、別れた後で公開しても違法とはされないため、別れた腹いせにより、多くの人が信頼していた相手によって裸の画像をさらされ、相談してくるケースが増えています。

インターネット上には、無断投稿と思われる日本人の卑猥な画像がいくらでも見つかります。これらの行為は、名誉棄損やプライバシー侵害に当たる立派な犯罪です。公開すると相手を脅せば脅迫罪にもなります。18歳未満の被写体の場合は、児童ポルノ禁止法違反になり、厳しい刑罰を受ける可能性があります。対象が18歳以上であっても、わいせつ物頒布罪となる可能性があります。

リベンジポルノ被害を防ぐには、

■親しい間柄でもプライバシーにかかわる画像を撮影しない
■ネット空間で知り合った人に安易に画像を送らない
■脅しの材料に使われやすい名前や顔など本人特定につながる情報をネット上に公表しない
■保護者は、子供に流出すれば完全な削除が不可能なことなど、ネットの危険性を教える
■子供にゲーム機やプレーヤーを与えるとき、撮影機能や画像送信機能がないものを選ぶ
■警察に届ける際の証拠になるため、脅されたときのメールや留守番電話は保存しておく
■画像が流出した場合、警察や弁護士、民間機関に相談し、サイト管理者に削除依頼をする

ことが重要です。


次回は、「リベンジポルノに対する罰則」をご紹介いたします。